Rieko Osu Lab. cognitive neuroscience,

School of Human Science, Waseda Univ. JAPAN

早稲田大学人間科学学術院 大須理英子研究室(認知神経科学)

PUBLICATIONS

Publications
 

Journal Papers

Conference presentations

  • リハビリテーション医学への計算神経科学の導入例, 日本リハビリテーション医学会学術集会共催シンポジウム, 神戸コンベンションセンター, 2019.6

  • リハビリテーション医学と計算神経科学の融合の先にあるもの, 高崎健康福祉大学公開講座「脳機能計測とニューロリハビリテーション」, 高崎健康福祉大学, 2019.3

  • Learning and neurorehabilitation, Neuronal circuits in motor behavior - OIST workshop, Human motor control, 沖縄科学技術大学院大学, 2019.2

  • 脳・認知機能系の話題提供, 東京医科歯科大学—早稲田大学連携ワークショップ, 2017.7.12

  • 立命館大学テクノロジーマネジメント研究科オープンフォーラムVol.3技術経営(MOT)の新潮流-脳科学とICTの融合によるビジネスの可能性-,「脳科学は世の役に立つのか?」, 2017.3

  • 脳科学の社会活用への試みと課題ーリハビリやマーケティングを例としてー, 応用脳科学シンポジウム2017, 早稲田大学応用脳科学研究所, 2017.2.27

  • 「学」から「産」へ, 第39回日本神経科学大会 産学連携シンポジウム「応用脳科学に求められる人材育成」, 2016.7

  • What does society expect from neuroscience?, The Center for Information and Neural Networks (CiNet) Friday lunch seminar, 2015.7

  • ニューロリハビリテーションの現状と将来, 第52回医工学研究会, 千葉大学フロンティア医工学センター, 2014.12

  • Understanding the brain function through computational neuroscience, Summer School on Neurorehabilitation (Baiona, Spain), Plenary lecture, 2014.9

  • 「脳とリハビリテーション」, 日本心理学会第78回大会 企画シンポジウム「脳から知る心と体の現在・過去・未来-個性の理解から教育・スポーツ・リハビリへの応用まで-」,2014.9.

  • 「リハビリテーションと脳と運動学習」Japan Society for motor Control and Neuro-rehabilitation (JSMC and NR), 2014.8.

  • 計算-神経-リハビリテーションの試み:「計算」をつけるとメリットがある? 身体性情報学研究会, 2013.10.27, 大阪大学吹田キャンパス工学研究科(大阪府)

  • How do humans choose one arm from the other? 神経オシレーションカンファレンス シンポジウム,2013.7.19, 自然科学研究機構岡崎コンファレンスセンター(愛知県)

  • Exploring Optimal Neurofeedback for Rehabilitation, Minisymposium on Robot-Assisted and BMI-Based Neurorehabilitation, The 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC’13), 2013.7.4, Osaka International Convention Center, Osaka, Japan.

  • Behavioral simulation and computational model of stroke rehabilitation and recovery process, Symposium on Integration of computational sensorimotor control and rehabilitation, 第36回日本神経科学大会, 2013.6.21, 国立京都国際会館(京都府)

  • 脳とリハビリテーション,けいはんな情報通信フェア, 2012.11.9,けいはんなプラザ(京都府)

  • Osu R, Stroke rehabilitation inspired by computational neuroscience. 2012/6/24, Rome, Italy, workshop "Robotics for neuro-rehabilitation: challenges for improving impact on clinical practice", IEEE International Conference on Biomedical Robotics and Biomechatronics (BIOROB 2012).

  • Osu R, Stroke rehabilitation inspired by motor learning, motor learning theory inspired by rehabilitation. 2012/6/20, Institute of Movement Neurosceince, UCL, London, UK, IMN Seminar.

  • Osu R, Watching brain activity during rehabilitation. 2011/12/2, Seoul, Korea, Workshop on Rehabilitation Engineering at Korea Institute of Science and Technology (KIST).

  • 大須理英子, 運動制御、学習のモデルはリハビリテーションに役立つのか?. 2011/11/10-12, グランシップ(静岡県), 第41回日本臨床神経生理学会学術大会.

  • Osu R, Estimating brain activity during rehabilitation. 2011/6/27-7/1, Zurich, Switzerland, Rehab Week Zurich / International Conference on Rehabilitation Robotics (ICORR2011).

 

(c) Osu lab, Waseda University, 2020