大須研究室では、脳のしくみを探ることから「心」と「体」にアプローチします。行動の選択や学習においては、意識にのぼらない、質問紙ではとらえられない脳のはたらきが大きな役割を果たします。そこで、脳活動や行動指標、生理指標を計測することで、その不思議に迫ります。身体性、学習と可塑性、感情、社会性などをキーワードに、サイエンスとしての基礎研究に加え、リハビリやマーケティングなど臨床・社会応用を見据えた研究にもチャレンジします。

C44I1930.jpg

NEWS

2022/4/15 助教の髙橋徹さんの論文がFrontier in Psychologyに掲載されました The Validity and Reliability of the Short Form of the Five Facet Mindfulness Questionnaire in Japan

 

2022/4/15 博士2年の栗原勇人さんの論文がscientific reportsに掲載されました。The relationship between stability of interpersonal coordination and inter-brain EEG synchronization during anti-phase tapping 

2022/3/20 スポ科彼末研JEONG Inhyeokさんの論文(彼末研との共同研究)がPLOS ONEに掲載されました Difference in gaze control ability between low and high skill players of a real-time strategy game in esports

 

Twitter

ACCESS

研究室は...

〒359-1165
埼玉県所沢市堀之内135-1
早稲田大学人間科学学術院
フロンティアリサーチセンター(110号館)205号室
(実験室は210号室です)

​*詳しくはこちら110号館フロンティアリサーチセンター(B地区研究棟)への行き方をご覧ください。

郵便物は...

〒359-1192
埼玉県所沢市三ケ島2-579-15
早稲田大学人間科学学術院
大須理英子 宛

Thanks for submitting!